銭湯図解 Official Website

銭湯図解とは

前職の設計事務所を体調不良で休職していた時、救ってくれたのが銭湯でした。

銭湯への恩返しのため、大好きな銭湯の魅力を図解する「銭湯図解」を都内中心に描き始めて40軒以上。

浴室での人との交流、お風呂やサウナの楽しみ方、建築的な面白さ、味のある銭湯の小物、お風呂上がりの至福のひと時など、多様で幅広い銭湯の魅力を水彩で表現した銭湯図解の世界観をお楽しみください。

小杉湯

銭湯図解の作り方

銭湯図解の製作は大まかに「取材」「下書き」「ペン入れ」「着彩」の4行程。

トータルで24時間程度かかります。

取材

取材

開店前の1時間半程の時間を頂いて、実測、写真撮影、インタビューを行います。実測は設計事務所時代に使っていたレーザー測定器とメジャーを用いてタイルの幅まで測量。開店後はもちろんお風呂も頂きます。

下書き

下書き

測量をもとに下書き作業です。設計で使っていた製図道具を用いて、縮尺を決めて描き始めます。女性の身長は165cm前後、男性は170cm前後を基準にいつも描いています。

ペン入れ

ペン入れ

次の行程はペン入れ。水彩紙に耐水性の製図ペンでトレースします。写真の台はLEDのトレース台。パネル全体が光り、その光でトレースすることができます。

着彩

着彩

色鮮やかな発色のウィンザー&ニュートンの透明水彩絵の具で色を塗っていきます。水面の揺らぎ、浴室内の陰影、実際の色合いの再現性に注意を払って、その銭湯で感じた体験以上のものを表現できるよう努めています。

製作過程を詳しくみる

著者プロフィール

塩谷歩波(えんや・ほなみ)

塩谷歩波(えんや・ほなみ)

1990年生まれ。高円寺の銭湯・小杉湯の番頭兼イラストレーター。銭湯再興プロジェクト主宰。早稲田大学大学院(建築専攻)を修了後、有名設計事務所に勤めるも、体調を崩す。休職中に通い始めた銭湯に救われ、銭湯のイラスト「銭湯図解」をSNS上で発表。これが評判を呼び、小杉湯に声をかけられ番頭として働くようになる。現在、Web媒体の「ねとらぼ」で「えんやの銭湯イラストめぐり」、雑誌『旅の手帖』で「百年銭湯」を連載中。NHKドキュメンタリー「人生デザイン U-29」など数多くのメディアに取り上げられている。好きな水風呂の温度は16度。

銭湯図解書籍化決定!!

来年1月頃、いよいよ中央公論新社より銭湯図解の書籍を出版します。

銭湯をシチュエーションで紹介

お風呂という機能は同じでも、そこで感じる魅力は銭湯によって様々なので、私はその時の感情や一緒に行く人によって今日の銭湯を決めています。「誰かと行く銭湯」「みる銭湯」「ひとりの銭湯」「遠くの銭湯」の章に分け、”泣きにいく銭湯””桜をみる銭湯”などのシチュエーションの面から銭湯を紹介します。

銭湯を身近に感じるイラスト

お風呂場での人の交流、過ごし方、お風呂の楽しさや建物の形、すべてがその銭湯の魅力を作り上げています。銭湯をまだ知らない人にも銭湯ならではの魅力を届けるため、正確に銭湯の形を書きおこすだけでなく、銭湯の中の人の様子もリアルに描きます。

銭湯の魅力を伝えるエッセイ

銭湯によって得られる体験は様々。その銭湯で感じらえる魅力を追体験できるような主観を重んじたエッセイを書いています。新鮮な感想と150%の熱量を伝えられるように、常に取材直後に執筆をしています。

中央公論新社

http://www.chuko.co.jp/

お問い合わせ先

取材等のお問い合わせは、下記メールアドレスからご連絡ください

[email protected]